中1の2学期以降のためにこそ英語は入学前の準備が必要です

学校の授業を先取りせざるを得ない理由が、英語学習にはあります。

英語は中学入学までの準備学習が本当に重要です

「中1の英語は簡単だから大丈夫。」とお考えの方が多いのは事実です。

「入学前の英語の準備学習」という言葉を目にすると、

  • 小学校の時から英語教室に通っていたから大丈夫
  • 中1の英語は簡単だから大丈夫
  • 中学受験が終わったばかりだから、遊びたい
  • 先輩達から「別にやらなくても大丈夫だよ」と聞いていたから必要ないだろう
  • 中学校生活に慣れて、授業が始まってからでも充分間に合うだろう
  • クラブが本格的に始まってからでないと下校時刻が分からないので、塾通いはそれからにしよう

このようにお考えの方が多いです。

多くの中学校では最初の定期テストで「アルファベット」「身の回りの英単語」「be動詞を使った文」などが中心に出題されます。確かに難しい内容ではありませんし、学校の授業が始まってから勉強を開始しても間に合います。ところが、落とし穴は もうここに存在しています。

本当に必要な入学前の準備は、「アルファベット・単語・be動詞の文の練習」ではありません。

これまでに数多くの生徒さん達を指導してきた英語専門塾として断言できることがあります。

「中1の2学期以降、混乱やつまずきなく、英語を確実に得意科目にし続けるためには、中学の入学までに、身につけておくべき文法的諸事項があります。」

この先お子様が学ばれる英語には無数の「つまずきポイント」が待ち構えていますが、中1の序盤では、まずbe動詞の学習に要注意です。簡潔な説明にとどめますが、be動詞を使った文を作ったり問題を解いたりすること自体は簡単にできてしまえるだけに軽視されがちです。教科書でも当たり前のように序盤でbe動詞が登場しますが、一般動詞とは異なり、もともと特殊な扱い方をする動詞であるため、本人の理解度を慎重に見守りながら、先々の単元で混乱を起こさせない教え方で段階的に導いていく必要があります。

このことを意識せず、ただテキスト通りに「be動詞の文 → 一般動詞の文」または反対に「一般動詞の文 → be動詞の文」といった順で学習を進めても、体系的な理解が要求される中1の後半以降で早くも成績が伸び悩む心配が残ります。

英語こそ、個別に指導すべきです。

その理由は次の3点です。

  1. 英語は学習の手順が極めて重要
  2. 英語は「基本 → 発展」の連続
  3. 英語には無数のつまずきポイントがある

それぞれの理由を順にみていきたいと思います。

1. 英語は学習の手順が極めて重要

英語は単元同士のつながりが強いため、お子様が混乱することなく確実に理解を深めていけるように するには、常に本人の習熟度を見極めながら適切な手順で指導していく必要があります。

2. 英語は「基本 → 発展」の連続

発展や例外事項の多い英語において、基本を学ぶ本当の目的は「そのまま発展につなげられる基本の力を身につけること」です。したがって、「基本問題が終わった → 発展問題を解こう」ではなく、基本を正しく確実に固めていけるよう、お子様本人に合わせたタイミングと教え方で発展内容へ導かなければなりません。

3. 英語には無数のつまずきポイントがある

英語は積み重ねの科目です。つまずきを放置すると、その後の学習単元にも影響します。これを防ぐためには、日頃から生徒さん本人との1対1のやりとりを大切にしながら慎重に指導を重ねていくしかありません。